ボトックス注射で実現する、キレイなふくらはぎのライン

美脚の条件

美顔とか美脚とか、とかく人の体の一部を取り上げて「美」という言葉を頭につけて、何やかやと言いたがる世の中です。
が、そんな世の中が間違っているとは言えません。実際、時代ごとに価値観が違うとはいえ、美しい顔と呼ばれる顔かたちはありますし、ハリウッドあたりで毎年発表されているであろう「世界の美女ランキング」にも、世界中の人がほぼ納得の声を上げていることでしょう。
「美」の基準とか条件というものは確かにあって、それをクリアしていたり、上回っていたりするときに、その人の見た目の姿かたちが賞賛されるのです。つまり、美しい顔や美しい脚が。

傾向的なものを見てみると、最近では「細い」とか「小さい」とか「やわらかい」とか、そういうふうな要素がもてはやされているようです。
小さい顔が美顔と言われたり、細い脚が美脚と言われます。ほっそりとした体つきが「クール」と言われ、やわらかな微笑みや声は人々の心をなごませているのです。
そんな中でも、特にここではもうちょっと美脚の条件に注目してみましょう。

細かく言えば、「美脚」と言われる脚はただ単に「細けりゃいい」というものではありません。ボリュームを感じさせるべきところがあって、ほっそりとしているべきと言われるところがあります。
また、「ラインの美しさ」が求められるところもあります。それがふくらはぎです。
実際、ふくらはぎのラインの美しさは美脚の条件の中でも「キモ」と言われている部分です。そのラインが美しい脚は、すなわち美しいと言われているのです。
ですから、美脚をつくろうと思えばひたすらに脚を細く削っていくのではなく、そのラインを見る人が心地よいカーブを、ふくらはぎに描いていかなければならないということになります。
もちろん、ほっそりとさせた上で美しいカーブをふくらはぎに描かせるわけです。

何とも、神ワザのような話です。「ただのダイエットではダメです。ラインに気をつけなさい」と言うのですから。しかも、もともと脚を細くするというのはなかなか難しい話なのです。
脂肪を落とすのであれば燃焼系のダイエットなり食事制限のダイエットなりに励めば良いのですが、筋肉を落としてほっそりさせようというのは難しいのです。
そういうわけで、ボトックスという特殊な美容のアイテムが不可欠なのです。